アメリカとイギリスで使用している単語の違い

アメリカとイギリスでは同じ英会話でも、アクセントや使用する単語がことなります。通じるものもあれば全く違う意味として通じてしまうものもありますので、違いを覚えておくと便利でしょう。日本人は基本的にアメリカ英語を授業で習ってきているので、アメリカ英語になじみがあるかと思います。イギリス英語を聞いた際にアクセントに訛りを感じたり、聴き取れなかったりと違和感を感じることもあるかもしれませんが、違う単語を使用すること、アクセントの特徴などを事前に勉強しておくことで、実際にイギリスの英会話に触れる機会があった際にすんなりと受け入れられることができると思うので、少し勉強してみましょう。まず、イギリスでは「have」のことを「have got」と言うことが多いということです。例えば、スニーカーを買うために靴屋に行った際に、店員さんに質問するとします。アメリカでは「Do you have sneakers?」と言いますが、イギリスでは「Have you got trainers?」と言います。同じ意味でも使用する単語が異なるので、イギリスに行った際に「have got」と言われて戸惑わないためにも覚えておきましょう。また、異なる単語と言えば、「スニーカー」という単語もアメリカとイギリスでは異なります。アメリカでは「sneakers」といいますが、イギリスでは「trainers」と言います。また、セーターの表現も異なります。イギリスではセーターのことを「jumper(ジャンパー)」と表現しますので、店員さんなどが使用していたらセーターのことだと理解できるよう覚えておきましょう。日本ではどちらも違う意味で使用しようされているので、イギリス英会話ではこちらの意味があるということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です