「チップ」の断り方英会話フレーズ

東京オリンピック開催と伴に、訪れる海外からの観光客の皆さんの中には、日本にも「チップ制度」があるのだと、文化の違いを知らずに、ホテルやレストランの従業員にチップを渡すようなケースもあるかもしれません。日本では、どうして「チップ制度」が普及しなかったのかという所以は、諸説ありますが、現代の日本社会の中においては、多くの場合、お客様のお支払頂く代金の中に、「チップ料」=「サービス料金」が含まれている事があります。ですから従業員は、チップに値する料金を給与として雇用主から受け取っている形になりますので、「チップ」を受け取る必要がないのです。逆を言いますと、「チップ制度」のある諸外国では、従業員は、お客様からのチップを受け取らないと、基本的には生活が成り立たないようなお手当しか、雇用主から頂いていない事になりますから、お客様からチップを頂く為に、より優れたサービスを提供し、より多くのチップをはずんで頂けるよう、仕事に励むという系図が出来あがっている訳なのです。もし、日本国内で、外国のお客様からチップを頂いてしまった時に、お断りするような英会話フレーズは、「Tipping is not necessary in Japan. Thank you anyway.」もしくは、「Tipping isn’t part of our culture here in Japan. I can’t accept. Thank you anyway.」などと、英会話のフレーズの中で、チップが日本には、必要のない文化であるというような事を、少し含んでみると相手のお客様が、どうしてチップを断られたのかを理解できるのではないかと思います。チップを渡す時は、お客様は心を込めるものです、分けあって、こちらからお断りする時も、出来る限り心を込めて相手に伝わる断りを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です