英会話でのプレゼンテーション

英会話でプレゼンテーションを行わなくてはならない場合でも、日本語でプレゼンテーションする場合でも、同様の事柄ではあるのですが、プレゼンする相手の知識や興味をきちんとマーケティングしておく事が重要なポイントとなります。英会話でプレゼンテーションするような場合、完璧な発音と完璧な英会話力を発揮したからといっても、相手がそのプレゼンの内容に興味をもったコンテンツでなければ、なんの意味もなくなってしまうという現実があります。ビジネスの現場においては、プレゼンは、わざわざ相手の時間を割いてもらっているという考えを前提に、プレゼンを行う相手にとっての有意義な内容のプレゼンテーションを行わなくてはなりません。まず、プレゼンテーションを行う前に、相手が、どの程度プレゼンの中身としての専門知識を把握しているかといったような、先方側の知識の値を計らなくてはなりません。その知識量によって、プレゼンの方法や内容が全く異なってくるはずです。同じ方向性のプレゼンテーションを行うにしても、相手の知識の度合いによって、使う言葉、話し方、図解に至るまで、相手が読み取れるような形で、提供するものが、プレゼンテーションです。全てが、こちらのものさしで計った形で、こちら側の主張ばかり行っても、プレゼンテーションが相手に響かない、理由がこの辺りにあるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です