どんな時でも!

英会話の上達方法として、料理中の独り言を英会話に変換してみようと、試みた私の日常を書き綴っています。サイトなどで「英会話の料理教室」を検索してみると、結構あるものなのですね。私自身は、現在通っている英会話教室の他には、費用をかけて英会話を上達させるような願望はないので、自宅での料理中の独り言を英会話にするだけで十分なのですが、英会話を学びながらお料理も学べるのであれば、楽しみながら学べそうだなぁという興味は沸いてきました。しかも、英会話だからといって、アメリカのお料理だけではなくて、様々な国のお料理が学べるようなコースもあるようですので、飽きることはなさそうです。現在通っている英会話教室は、平和過ぎて、マンネリムードはあるのですが、先生をはじめ、生徒のメンバーも、長いお付き合いの中で築き上げてきた、きずな精神もあるので、英会話メンバーとのお茶会や食事会に出掛ける感覚で、友人同士で英会話のお料理教室に通ってみるのも名案であるなと感じました。次回の英会話レッスンの時にでも、提案してみようと考えています。では、前置きはこのくらいに致しまして、私自身が、日常の中でどのような、「英会話の独り言学習」を行っているのかをご紹介していこうと思います。私の独り言学習法は、朝起きてから夜寝るまでの間に、ダラダラと行うものではなく、お料理をしている時間限定で行っています。しかも、夫が傍にいる休日や、朝食時には、なかなか集中できず、楽しむ事ができないので、夕食作りの際の、独りの時間限定で行っています。夫が帰宅する前の夕食作りの時間は、たいていテレビを点けながら耳だけをそばだてて、料理に励んでいたのですが、独り事学習法を考え付いてから、料理中にテレビをつける事はやめました。たいていは、好きなBGMをかけながら、晩御飯を作る事が常となりました 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です