通勤時間の利用

英会話を学ぶために時間を割くことは、忙しい現代人にとって大変な努力を要します。また、学ぶ場を見つけるのに苦労する人もいらっしゃることでしょう。自宅にいる時間が長いからといって、邪魔が入らないとも限りません。ではこれから勉強を始めようと決意された方は、諦める他ないのでしょうか。いえ、そのような心配は必要ありません。勉強時間は何とか捻出できるものです。例えば、通勤、通学時間に英会話のリスニングを試みるなどして、空き時間を有効に使うことが出来ます。自宅で勉強したことの復習時間として費やすのもよいでしょう。自宅という静かな環境で、テキストを持ちながら聞く英会話と、何の助けも無い街中で聞くそれとは、随分違うものです。あまり集中せず、聞き流すだけでも、その違いに気付き、新しい発見に知的好奇心を膨らませることもあるはずです。自宅で音読筆写した箇所を屋外で聞くのは、特に有効と思われます。英会話が徐々に内在化していることを実感できるでしょう。
 通勤中と言えば、例えば電車の中で聞くのですから、身構えた状態で聞くことはありません。BGMのように流しさえすれば良いのです。但し、イヤホンやヘッドホンは必需品となりますから、準備する必要があります。この「ヘッドホン」に関してアドバイスしたいのは、片耳にのみ付けるというものです。首を傾げる人もいるでしょうが、実はこの聞き方が功を奏することもあります。ネイティブと英語圏で話す場合、日常会話になりますから、当然雑音があらゆる方向から入ってきます。その状況に類似した環境を作って聞いてみると、集中し辛いことが分かります。神経質な人であれば、私語に気を取られてリスニングどころではなくなるはずです。しかし毎日繰り返してみると、雑音が入るのも当たり前になってしまい、ストレスなく英語を聴き取るマインドが出来上がります。
 屋外でリスニングする場合、人目を気にすることでしょう。ただ時間帯によっては、周囲に人の居ない環境も出現するはずです。そのような時は、是非シャドーイングして下さい。シャドーイングとは、リスニングした英文を、追っかけ再生のごとくリピートすることを指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です