英会話の現状

英会話の基礎をある程度学んだ人であれば、更なる高みを目指して努力されていることでしょう。最終的にはスムーズに話してみたい、専門的な内容も話せるようになりたいと考えている人も少なくないはずです。英語を母国語としない以上、それくらいのモチベーションは当然あって然るべきですし、そのような高い志を抱いた一人一人が国際社会で英語を使いこなせる日が来ることを、私が誰よりも望んでいます。もし日本人の英会話力が向上したら、日本社会の情報化はさらに進むことになるでしょう。そうすれば、世界と日本との距離は縮まり、日本の置かれた環境、日本に求められる役割が認識できるようになるはずです。それは広義の安全保障と言っても過言ではなく、最大の文化的資源であると信じています。
 ところが、実情はそのような甘い認識で済ませられるものではありません。日本が小国でありながら世界有数の経済力を実現してきたのは正に奇跡であり、今後はそれが持続することを期待するのは誤りです。現に内向き志向が強く、英語で海外に発信する機会があまりにも少ないのですから、現時点で外国から関心を向けてもらえる可能性はありません。外国にとっては、日本は努力もせずに寝ているようにしか見えないのです。多くの日本人がこの現実に気付いておらず、英語熱はまだまだ道半ばといったところです。
 とにかく今後は少しでも意欲のある人が、外向き志向になる他ありません。アジアに絞って比較しても、隣国は日本よりも英語の重要性を痛感しており、どんどん英語力の差を広げられている状況にあります。隣国に勝つことが最終目標ではありませんが、良いライバル関係を築いて切磋琢磨することが求められます。