アジアの英語

日本では未だにアジアにおける日本の優位性を信じている人がいますが、現実は全く異なります。この種の勘違いは特に中高年の人に多いのですが、説諭しても耳を貸さない人もいます。ただ若い人は頭が柔らかいでしょうから、同様の妄信に陥っている人がいれば、是非そこから抜け出してください。近隣諸国の現実を少しでも学べば分かることです。今後中国や韓国がさらに英語力を高めると、彼らは何の前置きも無く、英語で話しかけてくるでしょう。それに応答できる日本人も増えればよいのですが、このままではアジアの人達とさえ意思疎通が図れなくなります。日本人の多くは仲良くなりたいと考えているでしょう。アンケート調査の結果を見ても、英語がそれを媒介することが認識できています。しかし理想と現実とのギャップを埋める努力は怠っているのが実情です。中国や韓国の英語力を客観的に認識したい人は、是非各種英語能力試験のスコアを参照してください。きっと彼らの努力と実力に驚きます。数字で現実を直視すれば、少しは焦りを感じてくれる人が増えるかもしれません。
 アジアにおける英語教育を見渡すと、日本との違いがよく分かるのが大学教育です。もちろん義務教育における差も認められるのですが、より顕著なのが高等教育の現場なのです。中国の有名大学の教室では、若者が熱心に勉強している様を見かけます。英語だけではありません。様々な学問を貪欲に学んでいるのです。それに対して日本の大学はどうでしょうか。勉強熱心な学生は少ないように思われます。文化の違い等を言い訳にするのはもうやめましょう。儒教文化圏であろうが、日本文化圏であろうが、勉強する熱意は同様のはずです。